勃起不全 原因

成人男性の4人に1人がED!?



1998年に行われた調査では、成人男性のうち4人に1人は、「勃起が十分でない」中度の勃起不全、または「性行為の際勃起しない」完全な勃起不全とされています。



勃起不全とされる男性は決して高齢者ばかりではありません。

別の調査では、勃起不全の症状が出ている男性のうち、30%近くが40代以下となっています。

 勃起不全は、決して特別なことではないのです。



勃起不全の原因



年齢を重ねるにつれ勃起力が弱まるのは広く知られています。

しかし、上記の調査でも出ているように、決して年齢のせいだけでなく、勃起不全にも様々な原因があります。


ストレスによる勃起不全



20代や30代の若い世代に多いのがストレスによる勃起不全です。

例えば、過去のセックスでうまく勃起ができずに恥ずかしい思いをした、などのトラウマや、「自分のペニスは小さいのではないか」など体の部分で不安があったり、また、性的なものにかかわらず仕事がうまくいっていない、金銭的不安などの日常ストレスでも勃起不全になるケースがあります。


生活習慣による勃起不全



勃起不全の原因として最も多いのが生活習慣病によるもの。

血管や神経に障害が起こるとうまく勃起ができなくなります。

例えば暴飲暴食が続いて糖尿の気があったり、高血圧気味だったりする場合、勃起不全になることがあります。


神経障害による勃起不全



神経は、正常に勃起するためには大変重要な器官です。

脳出血や脳腫瘍などで神経に障害をきたすと、勃起不全の原因となります。


外傷による勃起不全



大きな手術をしたり怪我を負ったときは血管や神経を損傷する場合があります。

しかし、最近では手術の際も勃起機能に影響がないよう手術も神経や血管に傷をつけないように気を付けて行うケースが増えているといいます。

事故などで損傷した場合も、とくに若い年代であれば治癒する可能性は高く治療薬も効果が出やすいといわれています。


勃起不全の治療法



勃起不全の治療法は原因によっても様々ありますが、まず自分で選択することは、「自宅で治す」「病院へ行くか」です。

心臓病などを患っている場合や、別の症状で定期的に服用している薬などがある場合は、治療薬などが飲めない場合があるので、病院で相談することをお勧めします。


しかし、精神的ストレスや過去のトラウマなどで勃起不全が起こっている場合や、完全な勃起不全ではなくても勃起力が弱くて悩んでいる場合は、精力剤で改善させる、という方法もあります。


ED治療にかかる費用は全額が自己負担になるので、病院で治療する費用を出すのが難しい方はまず精力剤を試す人が多いようです。


精力剤は通販サイトなどで手に入ります。

しかし、精力剤も決して安い価格、というわけではありません。

それぞれの精力剤の特徴や効果を吟味して、自分の悩みに合った精力剤を選ぶことが重要です。


今売れている精力剤はココをチェック!





精力剤ランキングコラム